space.gif
2014年01月26日

歩ける寝袋。熊に出会っても逃げられる?

歩ける寝袋。熊に出会っても逃げられる?

熊の走る速度は、人間よりも速いから無理(笑)
posted by 安富かおり at 02:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記

じゃがいも

じゃがいも

それ絶対に違う!
posted by 安富かおり at 00:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記

この子の将来が不安です・・・

この子の将来が不安です・・・

なにこれ・・・?
posted by 安富かおり at 00:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記

戦場カメラマンの渡部陽一、曰く…

戦場カメラマンの渡部陽一、曰く…

本当だ!!!www
posted by 安富かおり at 00:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記
2014年01月18日

簡単たこわさび、レシピ・作り方。生タコは簡単に手に入らないことが多いので生イカでも代用可

みりん ほんだし わさび
これを混ぜて汁を作り、一口大に切った生たこ投入。
しかし生タコは簡単に手に入らないことが多いので、生イカで代用すると良い。

簡単たこわさび、レシピ・作り方。生タコは簡単に手に入らないことが多いので生イカでも代用可

居酒屋で食べるより、家で作って飲んで。
飲み代節約しましょう。
posted by 安富かおり at 19:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記

スタバの隠れメニュー*ゴディバフラペチーノ*スターバックス・レシピ

スタバのカウンターで、
*バニラクリームフラペチーノ*
+モカシロップに変更(無料)
+チョコソース多め(無料)
+チョコチップ追加(50円)
+ヘーゼルナッツシロップ追加(50円)

スタバの隠れメニュー*ゴディバフラペチーノ*スターバックス・レシピ

通称:ゴディバフラペチーノ
ゴディバを食べているかのようなリッチな一杯♪
posted by 安富かおり at 19:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記
2014年01月16日

『竜神大吊橋バンジージャンプ』日本一の高さ100メートルからのジャンプ!茨城県の観光名所

日本有数の無駄な公共事業として名を馳せた茨城県の竜神大吊橋で、バンジージャンプが2014年3月1日(土)より営業開始となります。

『竜神大吊橋バンジージャンプ』日本一の高さ100メートルからのジャンプ!茨城県の観光名所

公会堂とか、老人・福祉施設でも作れば役に立つものを、竜神大吊橋は、田舎の山の中にあり、驚いたことに渡った端は行き止まりなのです。集落も畑もないし、山の幸が豊富に採れる訳でもなく、道路さえありません。
行き止まりです。地元の議会はなぜ、こんな無駄な公共事業を承認したのでしょうか?
北茨城常陸太田市の政治家は阿呆集団でしょうか?

その竜神大吊橋で、バンジージャンプを始めるそうです。
何も使わないよりは、まだマシでしょう。

ですが、建設費の回収にはあと何百年、何千年かかるのでしょうか?
その頃には、橋も壊れて使い物にならなくなっていますね。

竜神大吊橋

住所: 〒313-0351 茨城県常陸太田市天下野町2133−6
電話: 0294-87-0375
営業時間: 8時30分〜17時00分
posted by 安富かおり at 04:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 茨城の観光名所・名店
2014年01月05日

茨城弁講座『あおなじみ』とは?

茨城県内では一般的に使われている『あおなじみ』、標準語だと信じきっていて、他県の人に話して「なにそれ?」と聞き返されて、初めて『あおなじみ』が茨城弁であることに気付く若者も多い模様です。

あおなじみ=足などをぶつけて内出血して、皮膚の色が青く見える箇所のことを、茨城弁ではそう呼びます。標準語では「あおあざ、あおたん」かな?

味がこゆい」「霧がこゆい」など「こゆい=濃い」という意味の茨城弁ですが、これは九州地方でも使うことがあり、茨城弁には関西と同じ方言も割と多く見受けられます。

一説には、江戸時代かそれ以前の時代に、戦に負けたとか、何か失態を冒したといった理由で、関西から茨城へ島流しのように流れてきた高貴な人々の言葉が庶民に根付いたという噂もありますが、真偽の程は定かではありません。
ただ、江戸(東京)を跳び越して、関西と同じ方言が多く見受けられる理由にはなります。

東京弁というか、東京にだけ見られる方言として「水っぽい」というものがあります。
みそ汁などの「味が薄い」という状態を「水っぽい」と表現するそうです。
テレビやラジオなどでも、ほとんど全く耳にしない表現です。
posted by 安富かおり at 20:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 茨城弁講座
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。