2014年03月07日

#筑波大学 のスーパーコンピューターを使い、16歳「魔方陣」解いた! #茨城 #スパコン

筑波大学(つくば市)は2月28日、茨城県立並木中等教育学校(同)の杉崎行優(ゆきまさ)さん(16)が同大のスーパーコンピューターHA-PACSを使って、「魔方陣」と呼ばれる数字の組み合わせについて、2億7500万を超える全パターン算出に成功したと発表した。

一般公募で採択されたもので、高校生が大学教授とスパコンの共同研究をするのは珍しいという。

#筑波大学 のスーパーコンピューターを使い、16歳「魔方陣」解いた! #茨城 #スパコン

HA-PACSは、各計算ノードに高性能の演算加速装置を搭載し、コンパクトながら極めて高い演算性能を実現します。2基のCPUと4基のGPU*2を搭載した計算ノード単体のピーク演算性能は2.99テラフロップス(毎秒2兆9900億回)。これはGPUを搭載した超並列クラスタ型スーパーコンピュータのノード単体として世界最高性能となります。本システムは計算ノードを268台結合して構成され、総ピーク演算性能は802テラフロップス(毎秒802兆回)に達します。

続きを読む


posted by 安富かおり at 20:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 茨城出身
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。