2006年11月02日

あんこうのどぶ汁とは?

そろそろ冬の寒さが近づいて、あんこうの美味しい季節になって参りました。

あんこうどぶ汁とは、茨城郷土料理のひとつで、元々は漁師さんが船の上で作っていたあんこう鍋料理のことです。
船の上で作っていたためか、水をほとんど使わないのがどぶ汁という料理の特徴の一つです。
あんこうの身に含まれる水分を用いるため、新鮮なあんこうでないと作ることが出来ません。
味付けは味噌のみ、ほかに大根や人参や芋類など水分の多く含まれる根野菜を使います。
アンキモから出る水分を使った鍋です。
西洋料理のラタトゥーユも水を使わない鍋料理という点が似てますね。
あんこうの鮮度がキモのどぶ汁を、茨城にお立ち寄りの際はぜひご賞味ください。

あんこうの「どぶ汁」の作り方

ラタトゥーユのレシピ



スポンサードリンク
posted by 安富かおり at 16:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 茨城の特産品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。