2007年01月09日

茨城名産の干し芋とは?

干し芋(干しいも)とは茨城で多く収穫されるサツマイモを干した食べ物です。
ある種の保存食品と言えるでしょう。
そのまま食べたり、焼いてあぶってから食べたりします。
茨城県のひたちなか市と東海村で全国シェアの実に9割を占めます。

【干し芋の作り方】(レシピ)

1.サツマイモを蒸す。
1時間〜1時間半ほど時間をかけて、じっくりと蒸すのがコツです。

2.サツマイモの皮をむきます。

3.サツマイモを縦に切ります。厚みは1センチ位が適当でしょう。

4.干しざるに並べて、天日で2〜3日干します。

5.お好みの固さになれば出来上がりです。


タグ:干しいも

スポンサードリンク
posted by 安富かおり at 00:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 茨城の特産品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。