2007年04月09日

今夜から里見浩太朗・水戸黄門第37部!内藤剛志

今夜からいよいよ水戸黄門第37部です。
37部って凄いですね。長寿ドラマです。

見どころは何と言っても、疾風のお娟(はやてのおえん)(由美かおる・ゆみかおる)の入浴シーンではないでしょうか?ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ

風車の弥七(かざぐるまのやしち)(内藤剛志・ないとうたかし)は11話から登場します。
うっかり八兵衛もいつか復活するのでしょうか?

●水戸黄門 第37部あらすじ

水戸光圀の一行が将軍の御落胤(らくいん)騒動を収めるために旅に出る。シリーズ第37部。岡本さとる脚本、矢田清巳監督。水戸の光圀(里見浩太朗)は館林に将軍綱吉(堤大二郎)の御落胤がいると聞き、事態を収めるために助三郎(原田龍二)、格之進(合田雅吏)らと旅立つ。館林では御落胤だと名乗る吉之助(市瀬秀和)をはじめ浪人たちが徒党を組み、よからぬ企てを進めていた。代官の浅井(風間トオル)は娘をさらわれ、吉之助を綱吉に接見させるよう脅迫される。館林に着いた光圀は吉之助の言動を見極め、彼が偽者だと確信。吉之助らはかつて綱吉に取りつぶされた越後高田藩の残党で、幕府転覆をたくらんでいた。光圀は吉之助らを捕らえて成敗し、その仲間が不穏な動きを見せる越後高田へ向かう。

TBS『水戸黄門』公式サイト


タグ:内藤剛志

スポンサードリンク
posted by 安富かおり at 19:12 | Comment(0) | TrackBack(1) | 水戸黄門
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

風間トオル
Excerpt: 山Pのドラマ♪風間トオルも人気だったわ?。[:ポッ:]ミポリンもいっぱい見たし、柴門ふみさん原作も多かったね。あすなろ白書の記者会見で、スマ兄さんの木村君が言った言葉「僕は戸田という役なんですけど、話..
Weblog: Good!な芸能ブログ集
Tracked: 2007-04-17 02:05
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。