space.gif
2014年06月18日

【女性編】学生のときのあだ名は? --「キムコジャイアント」「カリスマ」 #JK #女子高生

昔、下唇がぽってりしてるという理由で「染色体」というあだ名をつけられたことがある。そ、それは喜べないあだ名かも…!! 今回はそんな「あだ名」にまつわる思い出をマイナビニュースの女性会員400名に聞いてみた。

【女性編】学生のときのあだ名は? --「キムコジャイアント」「カリスマ」 #JK

Q.学生のときのあだ名を教えてください

■有名人やキャラクターにちなんだあだ名
・「『太った渡辺満里奈』渡辺満里奈に似ているが太っていたから」(28歳/情報・IT/技術職)
・「『ライ子』仮面ライダーに似ていた」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「『もっつぁん』ルパン三世のとっつぁんから」(23歳/自動車関連/事務系専門職)
・「『バーバパパ』似ているらしいから」(30歳/生保・損保/販売職・サービス系)
・「『藤井隆』天然パーマだったので」(26歳/金融・証券/営業職)
・「『もんちゃん』もんちっちに似てるという理由、親しみの表れだからなんて呼ばれても別にいい」(30歳/学校・教育関連/専門職)
・「『よしこ』名前は違うのに、髪の毛を2つに縛っていてサリーちゃんのよし子ちゃんに似ているから」(27歳/電機/技術職)

■食べ物にちなんだあだ名
・「『グミ』グミのお菓子が好きでいつも食べてたので」(28歳/小売店/販売職・サービス系)
・「『きのこ』本名と語感が似ているから」(28歳/医薬品・化粧品/営業職)
・「『おにぎり』顔がおにぎりっぽいから」(28歳/医療・福祉/専門職)
・「『セロリ』名字にちなんだものです」(31歳/その他/その他)
・「『りんごちゃん』恥ずかしがるとほっぺが赤くなるからだとか」(29歳/運輸・倉庫/技術職)
・「『いも』ジャガイモが好きすぎて給食でめちゃくちゃ食べていたら、翌日からそういうあだ名になった(笑)」(27歳/商社・卸/営業職)
・「『〇〇ピー』頭の中がピーマンのように空っぽだから」(27歳/自動車関連/技術職)

■生き物にちなんだあだ名
・「『にゃんにゃん』猫好き」(23歳/情報・IT/営業職)
・「『かえる』似ているから」(27歳/情報・IT/技術職)
・「『ねこ』猫背だから」(35歳/商社・卸/事務系専門職)
・「『にゃんこ』猫っぽいから、うれしい」(30歳/学校・教育関連/技術職)
・「『みさる』猿に似ているから」(27歳/マスコミ・広告/営業職)
・「『きつこ』きつねっぽいから」(40歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)
・「『でめきん』目が大きかったので、今では普通になった」(41歳/学校・教育関連/事務系専門職)

■性格からつけられたあだ名
・「『のんのん』名字やのんびりした性格から」(22歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「『もえこ』萌えキャラだったかららしい」(27歳/食品・飲料/技術職)
・「『ひもの』ぐだぐだしてたから」(28歳/電機/販売職・サービス系)
・「『ちょろ』ちょろちょろしていたので」(47歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「『貞子』髪が長くて暗かったので」(24歳/その他/その他)
・「『どんちゃん』どんくさかったから、でも気に入っていました」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

■本名をもじったあだ名
・「『しばこ』名字をかわいくした」(32歳/食品・飲料/販売職・サービス系)
・「『べちょ』名字のあべをもじって、でも意味がわからない(笑)」(27歳/金融・証券/事務系専門職)
・「『キムコジャイアント』名字からなんとなくつけられました」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「『かねごん』名字をもじったあだ名だったから」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「『まーや』本名そのまま+ミツバチマーヤをかけたらしい、今はもうその呼び名は年齢的にきついが当時は気に入っていた」(34歳/小売店/事務系専門職)

■外国人っぽいあだ名
・「『エリザベス』偉そうだから」(31歳/医療・福祉/専門職)
・「『アンディ』由来は本名、結構気に入っている」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「『れお』高校のバスケ部ではコートネームというものがあってこの名前をもらった」(26歳/医療・福祉/専門職)
・「『ナンシー』誰かが適当につけた」(37歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「『ローザ』高校時代なぜかいつの間にか友達につけられていた、由来は不明で、気に入っているけれど自分はハーフっぽくはない」(29歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

■なんだか凄そうなあだ名
・「『サッチャー』鉄の女」(31歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)
・「『バルタン』じゃんけんの時チョキを出す確率が高かったから」(36歳/情報・IT/事務系専門職)
・「『やーさん』元ヤンがバレ、名前の頭文字が「や」だったため呼ばれ始めた」(22歳/情報・IT/技術職)
・「『カリスマ』カリスマ美容師みたいな髪型だったから」(27歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「『エース』勉強ができるほうだったので」(29歳/機械・精密機器/事務系専門職)
・「『野人』(小学生のとき)がさつで、足が速かったから」(25歳/金融・証券/事務系専門職)

■その他
・「『太陽』おでこが広くて」(30歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)
・「『はち』高校で水戸黄門ごっこをしていて、うっかり八兵衛から」(28歳/商社・卸/営業職)
・「『みどりちゃん』緑色が好きだったので」(24歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「『みやっちくみっち』たまごっちがはやっていたから、特に抵抗なかった」(32歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)
・「『ねえさん』姉っぽい雰囲気だかららしいです、三女の末っ子なので特に賛同できません」(24歳/不動産/事務系専門職)

■総評
えくぼがあるので「えくぼちゃん」、太っているので「プクプク」といった、見た目そのままのあだ名をつけられた人が多かった。シンプルなあだ名は分かりやすくて浸透しやすいが、体型をいじられるのは「ちょっと不愉快」という声も。容姿にちなんだあだ名は傷つける可能性も大いにあるので注意が必要だ。

また、食べ物にちなんだあだ名も多かった。寿司のネタで好きだから「サーモン」、エリンギが好きなので「ギンちゃん」など、好物があだ名になってしまったらしい。同級生は今でもその食材を食べるたびに、あなたのことを思い出しているのかもしれない。

動物に関連した名前も多かった。とりわけ「にゃんこ」や「〇〇にゃん」といった猫にちなんだ名前が多く、恥ずかしくもうれしいあだ名だったよう。そんなかわいいあだ名がある一方で、走り方がゴリラに似ているため「ゴリ」、バナナ好きなので「サル」という、ちょっと微妙なあだ名をつけられてしまった人もいるようだ。

その他にも、エッチなので「みずえっち」、つまらない者なので「つまちゃん」といったインパクトの強いあだ名が挙げられていた。あなたにも、忘れられない思い出の「あだ名」はあるだろうか?

スポンサードリンク
posted by 安富かおり at 18:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。