2007年06月23日

『特急田中3号』最終回の感想・田中聖・栗山千明

特急田中3号』の最終回の感想です。(ネタバレ注意)

特急田中3号公式サイト

今回はKAT-TUNの田中聖の初主演ドラマです。
我らがアイドル・栗山千明さんは主演映画は多数ありますが、連続テレビドラマの主演はNHK『ハゲタカ』に続いて2作目、他には単発ドラマで稲垣吾郎主演の『女王蜂』などに出演しています。

KAT-TUNの田中聖(たなか こうき)は日本テレビの『マイボス・マイヒーロー』や『たったひとつの恋』に助演で出演してますが、主演は初めてです。

特急田中3号』は、『知っとこ!』に出てきた鉄道オタクの少年が特急を見に行ってお弁当を食べる話が元になって作られたテレビドラマです。
漫画や小説などの原作がないオリジナルのテレビドラマは最近は珍しいです。

テレビ朝日の『HEY!HEY!HEY!』に出演した田中聖は、すっかり鉄道オタクと化してました(笑)

栗山千明さんは本当に茨城県土浦市出身です。
最初のうちは茨城弁で啖呵をきるシーンがありましたが、途中から減りましたね。
目黒照美を略して「メーテル」というニックネームもほとんど使われなかったですね。

最終回の展開は予定調和というか、お約束というか、仙台で寝台特急「北斗星」に追いついた目黒照美が「鉄」(鉄道オタク)であることを明かして、ようやく田中一郎とカップルになり本物のペアウォッチをするわけです。

3人で会社を作るという展開は意表をつかれました。

やはり、テレビドラマ用のオリジナル脚本なだけにまとまりが良かったですね。
全話を通して展開に無理が無かったと思います。

色々な電車で旅行するシーンもロードムービーみたいで楽しかったです。

今後は田中聖が、タモリや原田芳雄と一緒にタモリ倶楽部の鉄道オタク全開の回に出演するのは時間の問題ではないかと思います。



スポンサードリンク
posted by 安富かおり at 00:16 | Comment(0) | TrackBack(3) | 栗山千明
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

特急田中3号 第11話(最終回) 列車は走り続ける
Excerpt: 内容田中の突然の別れ話。それは照美を戸惑わせる。照美のことを気づかっているとも知らずに。一方、桃山も、琴音をあきらめたため、北斗星ツアーに参加するのは、花形と理子だけとなってしまう。そんなとき、おばあ..
Weblog: レベル999のマニアな講義
Tracked: 2007-06-23 00:35

特急田中3号
Excerpt: 主題歌 KAT-TUNの新曲「喜びの歌」田中聖主演ドラマ最終回
Weblog: 特急田中
Tracked: 2007-06-23 11:49

特急田中3号/最終回!
Excerpt: ついに特急田中3号も最終回です。 前回、それはないだろ、田中くん!な、いきなりの
Weblog: きょう 裏庭をほった
Tracked: 2007-06-25 01:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。