2007年07月13日

茨城弁講座『きる』『きない』

茨城弁で『きる』『きない』は「来る」「来ない」の意味で使われます。
服を着るではなく、物や人が移動する「来る」「来ない」の意味です。
はじめて聞くと意味がわからないと思います。

『あおたん』=「青あざ」
『こわい』=「疲れる」
など、茨城県民が標準語のつもりで使っていて実は茨城弁だったという地元に馴染んだ言葉もあります。

東京弁で『水っぽい』という言葉がありますが、あまり知られてません。
「この味噌汁は水っぽい」といった使い方をします。
「水っぽい」の意味は「味が薄い」ということです。


タグ:茨城弁

スポンサードリンク
posted by 安富かおり at 16:35 | Comment(1) | TrackBack(0) | 茨城弁講座
この記事へのコメント
うちのばーちゃんもよく「きない」って言ってました。

「歩って」(あるって)も茨城弁みたいです。
Posted by Honoria at 2008年07月29日 13:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。